大都会おかやまMAGAZINE

参加する

4月7日【岡山市議選挙・北区】〜おにきのぞみさんのアンケート結果〜

4月7日【岡山市議選挙・北区】〜おにきのぞみさんのアンケート結果〜

アンケート① 「当選したら○○は頑張りたい!」

初めて選挙に関心を持った若い世代にも伝えるお気持ちで教えてください。

「子どもの目線で、安心と希望のあるまちづくり」

をがんばります。  

議員になってからの自分を振り返ると、子どもにまつわるご相談や

問い合わせが多い日々でした。

保育園に入れない、ハンディキャップがある子どもの就学・教育、

医療的ケアが必要な子どもの就学、病気の子どもの学習、虐待、

いじめ、不登校、貧困、社会的養護が必要な子どもたちの

育ちなど。

 子どもやその家族を孤立させることなく、行政や地域と

つながり、子どもが自分らしく育つ環境を整えたいです。

そのための一つとして、妊娠・出産から18歳まで、

切れ目のない子育て相談の場の充実をさらに進めます。

アンケート② プライベートの時間

 で何をしているときが一番楽しいですか?なるべく詳しく教えてください。

食いしん坊なので、料理をつくっているとき、食べているとき、

そしてホームパーティをしているとき。エスニック料理が得意。

アンケート③ 議員を志すきっかけ

になったエピソードを教えてください。

・大学時代は寮生活でした。自治寮であり、寮生自身が自分たちで

考え決めて運営をしており、「自治」の大切さや楽しさを

知りました。

・25歳のとき、フィリピン・ネグロス島の人たちと交流し支え合う

「ネグロス・キャンペーン岡山」を友人たちと設立。ネグロス島の

村で、子どもから高齢者まで車座になって自分たちが暮らす

村づくりを話し合う場面に遭遇しました。私は日本で自分の街や

地域づくりについて、それまで関わったことがなかったので

カルチャーショックを受けました。

・直接的には、市民派議員として岡山市の礎をつくられた

横田えつこ元議員から、「議員になってみないか。

議員は楽しいわよ」と言われたことです。

アンケート④ あなたはどのような人ですか?

自分自身を表す一言を教えてください。

「のぞみの笑顔は最高」。

国際交流活動で出会う様々な国籍の外国人、

そして日本の友人たちから言われます。

アンケート⑤ 2018年7月7日、あなたは何を

していましたか?教えてください。

冠水で車が使えないので自転車で、早朝より京山学区と岡北学区の

避難所や街の状況を見て回りました。午前9時頃に自宅に帰って

しばらくしたところ、私の家のすぐ北側にある半田山が大きく

土砂崩れをしました。「鬼木さん、危ないから避難を」と

ドアを叩く音がして、外に出て驚きました。  

被災した家屋の下にいる2人が救出される間、近隣の高齢者などを

確認して回りました。

地域の皆さんはとりあえずコミュニティハウスに一時避難をする

ことになりました。福祉避難所が適当と思われる方がいたので、

その手続きなどを岡山市に問い合わせながら行いました。  

全体が落ち着いてきたところで、皆さんは岡北中学校か京山中学校

の避難所に移動。私も京山中学校に避難をし、

ひと晩過ごしました。

途中、岡北中、伊島小の避難所の状況を確認しました。

・出身校を全て教えてください。

高等学校:鳥取県立米子東高等学校

大学:岡山大学理学部化学科

・年齢を教えてください。(2019年4月8日時点)

58歳

・性別を教えてください。

女性

・趣味(休日の過ごし方)を教えてください。

フィットネスクラブと温泉であったが、議員になってからは時間を作れなくなった。

・岡山市内の好きな場所を1つ教えてください。

京山公民館

・好きな食べ物を教えてください。

おにぎり

・使っているものを教えてください。

ホームページ

ツイッター

フェイスブックページ

インスタグラム

LINE

回答頂いた方のみの回答をそのまま掲載させて頂いております。

岡山市議会議員選挙(北区)選挙公報より
3月29日からスタートする岡山市議選挙ポスター板

岡山市北区は20議席に対して、22人が立候補しています。

北区・立候補者22人の選挙広報は、こちらから。