大都会おかやまMAGAZINE

ハラケン授業

ハラケン先生!授業4時間目「岡山に上陸!!UberEats」

Uber Eatsを知っていますか?

新型コロナウイルス感染拡大が、日本全国に広まりつつある2020年3月4日、
岡山でのUber Eatsがスタートしました。(動画は3月30日に撮影したものです)

その後、飲食店はテークアウト、デリバリーに力を入れて、Uber Eatsのバッグを背負った配達員の姿を
あちらこちらで見かけるようになりました。

日本上陸は、2016年。岡山でスタートしたと言っても、範囲は限られており、
もっと広い範囲でやってほしい!という声も今ではあるのかもしれません。

Uber Eatsの良い点

① お店のメリット
従業員を雇って出前をするコストがない。(手数料はかかる)
② お客のメリット
スマホで簡単に注文ができる。登録店も増えていくのでバリエーションも増える。
③ 配達員のメリット
隙間時間を使って収入を得ることができる。
しかも、1週間単位で入金されるようです。

Uber Eatsのちょっとまずい点

① 配達員の立場が弱い。
配達員に支払う金額の増減が変わってしまう可能性がある。
もしくは、変わっても意見を通せる仕組みがない。
② 配達中の事故やケガに対する補償がない。
→徐々に改善されてきているという話もあるようです。

Uber Eats経験者に聞いてみた

1番のメリットは、「好きな時間に好きな分だけ働けること」だそうです。
中には、Uber Eatsダイエット!!をしている人も全国にはいるとか。
いろんな場所にお届けに行くので、普段通らなかった路地に感動!!なんて声もあった。

嫌な思いをしたこともあるようです。
Uber Eatsは注文者が配達員の評価をするシステムになっているようです。
初めて会った人に、なんとなくされた評価で貰える金額が変わること、
お店のミスがあった場合も、配達員の評価が下がるケースが多い。
他のUber Eats配達員のマナーが悪いと、自分まで悪いヤツのように見られる・・・。

時代の変化、寛容に受け止めよう

新しいサービスが始まったので、使ってみるのはどうでしょうか?
きっと、慣れるまでは多くのミスや混乱があると思う。
でも、そういうものを乗り越えることで、サービスも向上していくし、
世の中がアップデートされていくんじゃないかな。

UberEats岡山

Okayamaのフード デリバリー