大都会おかやまMAGAZINE

物件、見てきた!!

【物件、見てきた!!】縁側でほっこり(倉敷市酒津・平家4DK)

高梁川の流れ

高梁川は、大きな川。
岡山県と鳥取県の県境・花見山から100キロ以上を流れ、瀬戸内海へ注ぎ込む。
下流のまち・倉敷に酒津という場所がある。
ここで川から水を引き、倉敷のまちから隣の早島町を経て用水路を張り巡らせている。
「水の恵み」の出発点にある。
水と緑の豊な公園「酒津公園」は、イオンモール倉敷のすぐ隣にありながら、
のんびりとした心地よい雰囲気がある。

酒津公園から歩いて5分

高梁川の土手と並行に歩いて約5分。
イオンモール倉敷のえんじ色の看板が見えます。
今はあまり使われている様子のないクラレの敷地。
敷地を囲むコンクリートの壁は、歴史を感じさせますね。

段差で空気の層が変わる

イオンモールが近いことからか、抜け道なのかそこそこ車の通りがある。
この物件は、道より幾分か低い場所にある。
階数で言えば、半階くらい低い場所。
門まで短いスロープになっていて、降りていけば
通っていた車が気にならなくなる。
空気の層が違うように感じる。

平家の風通し

平家だから風通しがいいということではないかもしれない。
北から南まで部屋が続いていて、心地よい空気の流れがある。

縁側は、なぜいいのか

縁側を通して入ってくる日差しは緩やかで、柔らかい。
だけではない!!
1 来客と縁側で雑談タイム。
  上がるでもなく、追い返すでもなく。
2 面と向かって話しづらい時は、縁側で横並び。
3 外の空気を感じながら、ぼんやり半室内。

ボーッとしているのとも違う、時間を感じながら、でも敢えて何もしない時間を過ごす。
縁側の醍醐味ではないでしょうか。

隠し天井

家というものは、住めば住むほど、荷物が増える。
滅多に使わないけど、捨てられないものは、隠し天井へ。
これはGOODな選択肢だと思います。

住まいとプライベートオフィス

家族でワイワイ住むというより、カップル(夫婦)で住む。
もしくは、一人暮らし兼オフィス。
仕事部屋を確保しながら、のんびり空間も手に入れる。
都市部との2拠点にもいいかもしれませんね。

昔からここにあった

1957(昭和32)年生まれだそうです。
何度も改装しただろうけど、キッチンが広く、お風呂が狭い。
まぁ、それも一人で住むなら問題ないかな。

お家賃は、5万円。共益費は、0円。
最初にかかる敷金は1カ月分の5万円。礼金だけ1カ月分の5万円。
駐車場は2台縦列で置けそうです。家賃に含まれてますので、無料。
連帯保証人が必要ですが、家賃保証会社は要りません。

面積は65.95㎡。もちろん木造です。
火災保険には入ってください。

問い合わせ

問い合わせは、こちらまで。
仲介をしてくれます。専門用語では媒介(バイカイ)というらしい。
あ、なので仲介手数料が5万5000円かかりますよ。(消費税込)
富士土地(ふじとち)株式会社
岡山県倉敷市福田町古新田56-26
086-476-7557。fujitochi.matsubara@gmail.comまで。
免許番号は、岡山県知事(3)5110号です。
この記事は、2020年9月9日に公開しました。
2020年11月1日に更新しました。次回の更新予定日は、2020年12月1日。

お問い合わせフォーム

写真もどうぞ