大都会おかやまMAGAZINE

岡山の未来食堂「ぽん太」に「テゴ」に行ってきた

岡山の未来食堂「ぽん太」に「テゴ」に行ってきた

 

岡山弁【テゴ】:手伝い・手助けの意。テゴーとも言う。

例:あんた、家でちゃんとお母さんのテゴしてるんか〜?

 「テゴ」ができるお店

岡山駅西口から北へ約1キロ。

岡山済生会総合病院の隣に910日、朝ごはん・昼ごはんを中心としたカフェ・定食「ぽん太」がオープンした。

同店はちょっと様子がおかしい。

アルバイトは募集していないが、「テゴ」は募集している。

ここで1時間のテゴをするともらえるのは時給ではなく、1食分の食事。

お金で貰うのではなく現物支給。

「食べていくとは、お金を稼ぐのではなく誰かに喜んで貰うこと」と教えてもらったような気がした。

私も1時間、テゴしてきた

今日のテゴは、食事の終わった器を引き、洗浄機に入れて洗います。

入れる前には、お茶碗などにこびりついたご飯などを取っておきましょう。

洗浄機を開けると蒸気でメガネを曇らせながら、お皿を元あった場所に戻します。

そうこうしていると、お客様から注文が入ります。

注文を頂けば、今日のメイン「イワシの梅煮」をお皿に盛る。

そそくさと、お味噌汁やお漬物の準備をする。

この他に箸を箸袋に入れるなど、飲食店ってやること多い。

どれも準備されているので、私でもできる簡単なものばかり。

店主の横田都志子さんは、次々来られるお客様の言葉に耳を傾けながら、

時に笑いも取りながら、1時間で数組のお客様にお食事を提供し終えた。

あっという間にテゴ終了。 

高校生には朝のテゴ・大学生には昼のテゴ

学校に行く前に朝のテゴをする。そして朝ごはんを食べて学校へ。

お昼のテゴをしてお昼ごはんを食べて午後の授業へ。

朝ごはん・昼ごはんを抜いてしまう高校生・大学生が多い。

大人であっても朝はコンビニのおにぎり、昼はコンビニの弁当となっている人もいるはず。

ここでは、誰でもテゴはできる。(おそらく)

「未来食堂」から

このテゴの制度は、「未来食堂」(東京都)に起因している。

もう一つ、テゴしてもらった食事券をペイフォワード(恩送り)できる。

店内にあるボードに食事券を貼って帰り、誰かがその食事券を使ってごはんを食べられるという仕組み。

私の食事券も貼ってきたので、ぜひ誰か食べてね。

強い者が弱い者を助ける。

両者の差はもっと小さいのかもしれない。

今は必要ないのであげることができる。

足りない時には助けてね。

だからぜひ、食べてほしい。

テゴの時間

朝テゴ 6時30分〜7時30分

昼テゴA 11時30分〜12時30分

昼テゴB 12時30分〜13時30分

仕舞テゴ 14時〜15時

カフェ・定食「ぽん太」

岡山経済新聞にも

 

 

 

LEAVE A REPLY

*

CAPTCHA