大都会おかやまMAGAZINE

物件、見てきた!!

【物件・見てきた!】リノベーションってこういうことか!!(岡山市北区平田・築年数48年リノベ3LDK)

バイパスという大きな道路

岡山県南部を東西に走る「国道2号線」のことを多くの人は「バイパス」と呼ぶ。
旧2号線がまだ2号線だった頃、バイパスだった。
だから、車線も多く、交通量も多い。
バイパスに新しいバイパスが加わった。「岡山西バイパス」
バイパスに直角に交わるように走る岡山西バイパス。
このつながるあたりが今日のエリア。

岡山西バイパスに並行して流れる「笹ヶ瀬川」。
いつもは川の水も少なく、なんだかのんびりしていて、どこか懐かしい。
以前は家も少なく、夕陽がきれいな場所。
最近は、新しいお家がドンドン建ってるようです。
そんな、岡山市北区平田の「物件、見て来た!」です。

1972年生まれの新人

今日の物件は、1972(昭和47)年、48歳(築48年)。
先輩です。
1972年と言えば、
宝くじが1等1,000万円になった。
写真を撮る時の「ピース」が大流行。
運転免許取得1年間は「初心者マーク」が義務付けられた。
懐かしの昭和です。

物件も懐かしいのかと思いきや。

昭和の面影はありません

外から見れば、新人です。
色は、ブラック。エッジの聴いたカッコイイ感じ。
でも、キザな感じではありません。
ポイント1 玄関の扉は、木であること。
こうやって見ると、木があるってやっぱり落ち着くんですね。人の温もりに近い印象。
ポイント2 オリーブが植えてある。
オシャレな家にはオリーブがあると昔から言われますが、(言われません)
やっぱりありました。植物があるというだけで安心感があるのは、なぜでしょうね。

隙間にも小さな苔や植物を植えたり、白い玉砂利を敷くなど、
オシャレなポイント知ってますね!?って感じです。
門灯も暖色で、ここのお家に住んでる人はきっと優しいんだろうな〜と想像できます。

ここには、夫婦と子ども1人で住んでほしい

想定としては、3人家族だと思います。
しかも、お母さんは料理好き。
その理由は、キッチン。
この物件は、キッチンです。

キッチンの続きにダイニング。
ここで過ごす時間が大切になりそうですね。
キッチンにみんなが集まれると、自ずと会話が生まれ、仲の良い家族になるような気がします。

リノベーションとリフォームは違う

バン!!ときれいになることは一緒?
でも、違いって何?
教えてもらいました。

リフォームとは、
設備だったり、機能面で老朽した物を取り換える
例えば、壁紙を張り替えるなどのこと。

リノベーションとは、
使用用途の変更して、新たな価値を見出す。
そこに住むお客様に合わせて1番使いやすいように
機能を追加したりする。

オシャレなだけじゃない

リビングに少し昔の梁を見せる部分はあるけど、
ほぼ新築と言っても過言ではない。
しかも、少し建築面積を小さくして作り直したようです。

買いたい人はこちらまで。

価格は3,180万円(税込)と諸費用がかかります。
照明とエアコン3台、1階のカーテン、外構はついてきます。
車は縦列で2台、駐車できます。
土地は、132㎡。

問い合わせアンケートフォーム


株式会社S-PLUS(エスプラス)
岡山市北区下中野365-101
086-237-626

株式会社S-PLUS